【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

解雇規制が緩和されたら、僕は大手を振って仕事のできないひとをクビにする

僕は、仕事のできないひとよりも、仕事ができるひとにお金を払いたいと思っている。

給料に年齢はそもそも関係ないのだが、日本企業は年齢を考慮する。

年功序列というやつだが、いまの低成長時代にはまったくをもってナンセンスだと思う。

仕事ができないひとは、若かろうがおじさんだろうが要らない

若いひとが「給料が少ない」という。

僕は仕事ができるひとの給料は、年齢がどうであれどんどん上げたいと思っている。

だが、それをよしとしないおじさん・おばさんは意外と多い。

そういうことを言うひとに限って仕事ができないのに、給料は上げろといってくる。口だけは達者だからそうとう面倒くさい。

はっきりいって邪魔だ。

仕事ができないひとを解雇したい

日本は労働者を簡単に解雇できないようになっている。

雇用者に比べたら、労働者のほうがかなり有利な法律になっている。

だが、この先日本の人口が減り、社会全体がシュリンクしていけば、企業は仕事ができないひとを切る以外になくなる。

そんな時代が来たら、つまり解雇規制が緩和されたら、僕は大手を振って仕事のできないひとをクビにすると思う。

若かろうが、おじさんおばさんだろうが関係ない。

そのときの僕の判断基準は、「仕事ができるかどうか」だけだ。

僕の息子に残すメモ:

仕事のできないおじさん・おばさんがめちゃくちゃ幅をきかせてはいないだろうか?
いまは解雇規制が強いので簡単にクビできないが、「実力主義社会」は目の前まで来ていると思う。

若いひとは、来たる日のための準備をひっそりきっちり進めておこう。

そして、おもいっきり見返してやろうではないか。仕事のできないひとたちを。