【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

勝つのではなく、生き残る

f:id:bokumusu:20170729171845j:plain

ライバルは勝手に減っていく

この世の中は、ダメなものは生き残らないようにできている。

会社だろうが男性だろうが、そうできている。

だから、ライバルのことはあまり考えなくていいかも知れない。

なぜなら、ダメだったら勝手に消えていくからである。

ダメなのに生き残っている会社やひとはなんなのか?

確かに、ダメなのにミョーに仕事があったり、売り上げが上がっている会社もある。

そういう会社やひとほど、実は裏で地道に販路を拡大したり、人脈を広げたりしている。

ダメな会社を飲み会でディスっているようなひとは、実はそういうところに気がついていない。

モテる男性だって、実はそんなにイケメンではなかったりする。

しかし、モテる男性ほど女性への接しかたがびっくりするほど上手だ。

「勝つ」ことよりも「生き残る」ことを考える

どうやったら勝てるかではなく、なんだったら負けないかを考える。

というか、こんな八方ふさがりのご時世に戦っては疲弊するだけだ。

だから自分は「なんだったら楽勝で勝てるのか?」を本気で考えないと生き残れない。

僕の息子に残すメモ:

「孫子の兵法」という本は読んでおいた方がいい。
戦わずして勝つのが一番だ。