【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

飲み会はたまにいくぐらいでちょうどいい

うちの会社は忘年会も新年会もない。というか飲み会がない。

f:id:bokumusu:20170429220155j:plain

花見もやらないし納涼会もない。花見は準備が面倒くさいし寒い。納涼会はビアガーデンだろうが、料理がおいしくないことが多い。

とにかく面倒くさいし、そもそも僕は、社員が上司や社長と飲みたいだろうとは思っていない。

経営者視点の話ではあるが、みなさんはどうだろうか?

会社の飲み会で困ること

僕は、仕事の話はなるべく仕事中に話すようにしている。

併せて、バカ話も仕事中の会話に挟み込むようにしている。

だから、飲み会でわざわざ話したいことがほとんどない。

なので、なにを話していいのかわからなくなる。これは結構困る。

あと、飲み会で困るのは「何時に終わるかわからない」ことだ。

あとの予定が立たなかったり、朝まで付き合って翌日のパフォーマンスがガタ落ちすることがある。

時間もお金も使ったのに、スケジュールや体調まで悪くなるのだからやっていられない。

要するに僕は、しゃべりたいこともなければ、予定や体調がガタガタになるのがいやなのだ。

まぁ、こんな社長もいるので、覚えておいてほしい。

個人的には、飲み会の9割はムダ

とくにメンツが決まっている「内輪感満載」の飲み会、つまり職場の飲み会がムダだ。

日本の会社はなんでこんなに飲み会をやりたがるのだろうか。

僕は、飲みたいひとが飲みたい仲間と勝手に行ったほうが幸せだろうと思っている。

飲み会に行かないと不安になること

まれに飲み会で、大変に貴重な情報が手に入ることがある。

こういうことがあるから、まったく行かないわけにもいかない。

でもそれは会社の飲み会ではなく、ある程度の規模の会合やパーティーなどで起きることが多い。

こういう飲み会にこそ参加した方がいい。

社交性が問われるので疲れるのだが、僕は修行だと思って行っている。

それに、ある程度社長をやっていると、自然に商工会議所とか自治体の会合やレセプションに呼ばれるようになる。

そういうものには無理しない範囲で顔を出すようにしている。月にせいぜい2回ぐらいだろうか。

ただし、異業種交流会とかギラギラしたものには行かない。

飲み会の代わりにしていること

会社の飲み会はやらないが、3ヶ月に1回ぐらいランチ会をしている。

といっても、新しくできたお店を中心に女性に選んでもらって、ぞろぞろと視察に行く感じに近い。

費用も会社持ちだ。ランチ中は仕事の話はしない。

費用的にも、ディナーよりランチの方が圧倒的に安い。

安くなったぶんちょっと豪華にできたりもするし、昼食代が浮くのも微妙にうれしい。

僕個人としては、ひとりでは行きにくい新しいお店の情報が手に入るし、みんながそのお店やメニューをどう思ったのかもわかる。

これだけでもマーケティング的にはやる価値があると思っている。

とくに女性の好むお店がわかるのは、男性にとっても有意義だと思う。

12時台は混むので、ちょっと休憩時間を長くして、時間をずらして空いたころに行くのがいい。

僕の息子に残すメモ:

というわけで、うちの会社には飲み会がない。
まぁ、少数派だろうけど。