読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

なにかが変わるときはチャンスでもある

f:id:bokumusu:20161110151604j:plain

アメリカ大統領選挙が終わった。

SNSなどをみるかぎり、トランプ大統領の出現に不安に感じているひとが多いと思う。

いままでの物言いをみていれば無理もない。

しかし、こうも考えられないだろうか?

勝ちパターンが変わる?

ヒラリーさんが大統領になっていたら、既定路線のまま物事が進み、既定路線のひとが勝ち続けたと思う。

既定路線とひととは、つまり、現在の富裕層である。

大方の予想ではヒラリー大統領だったわけであり、富裕層が富裕層のままだったはずである。

しかし、トランプ大統領の出現により、そうも言えなくなったのではないかと思う。

[2016.11.20追記]なお、トランプ現象解説の決定版と思える記事があったので、掲載しておく。

newspicks.com

既定路線が変わるかもしれない

例えば、どんなに営業をかけても「うちはずっと○○さんに全部お願いしてるから」と断ってきた大手企業も、なにかが変わる時って「いや待て、話だけでも聞いてみるか」と考えるときがある。

それは「変化するとき」によく起こる。

変化はチャンスでもある

イギリスのEU離脱もそうだが、今後世界は大きく変わるかも知れない。

ということは、既定路線が通用しなくなるタイミングがある。

だから、いまから既定路線を打ち破る方法を考えておいてもいいのではないだろうか。

考える時間はまだあると思う。

僕の息子に残すメモ:

世界の情勢や国の方針もそうだが、大きな災害・事件のあと、法律が変わったあとには、必ず既定路線が崩れるタイミングがある。

変化はチャンスだ。千載一遇ともいえる勝機を見つけたら、アタックしてみてほしい。