【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

「がんばります」という言葉が嫌いだ

f:id:bokumusu:20161116154720j:plain

「がんばります」という言葉が嫌いだ。

「がんばって続ける」という言葉はもっと嫌いだ。

みんな、いつまでがんばるつもりなのだろうか。

ある程度の年齢になると、昔ほどがんばれなくなる

僕はいま40代だが、まわりをみていると、がんばれなくなったひとから「詰んで」いる。

20〜30代なら挽回はできるだろうが、40〜50代で「詰む」のは死を意味する。

体力勝負、気力勝負だと、老いたときに詰む。

だから、がんばらなくても自然と続くような「仕組み」を考えて、それをぐるぐる回せばいい。

がんばらなくてすむための「仕組み化」を考える

仕事の仕組み化を考えるのは、面倒くさくて大変だ。

だいたいのひとはくじける。

だが、ずっと体力勝負で「がんばって続ける」のもまた大変である。

だからどこかで、

  • もっとパターン化できないか?
  • もっとマニュアル化できないか?
  • 確実な成果が出る方法をみつけて、それをルーティンワークにできないか?

そして、仕事や生活をどんどん変えていかなければ、いつか疲れてしまう。

これをクリアできたひとが生き残る可能性が高い。

おそらく、10人に1人もいないだろうが。

いつまでがんばり続ける気なのだろうか?

がんばったってせいぜい1.2倍ぐらいが関の山だ。2倍になんてならない。

なのにみんな「がんばる」という。

全部ウソだ。僕は信じない。

だから僕は「がんばる」という言葉が嫌いだし、そう言ってばかりいる社員は、正直疑っている。

僕の息子に残すメモ:

どんどんパターン化、マニュアル化して、高速ルーティンにしたほうがいい。
それができたひとしか生き残らないと思っていい。

人生は思いのほか短い。時間は無限ではない。