【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

行き詰まったらどうするか

子どもにはパソコンを買ってあげよう

誰しもがスマートフォンを持つ時代になった。 で、みんな新型のスマホに殺到するが、僕は「そこはひねったほうがいい」と思っている。 スマホよりパソコンのほうが能率がいい 「スマホだけでなんでもできる」みたいなことをいうかたがいるが、僕は違うと思う…

ちょっとずつやることのコツは「一時停止」かも知れない

うまくいかないひとの特長は、とにもかくにも行動が遅くて、考えかたの切り替えがすぐにできないことではないだろうか。 いつまでもズルズルとイヤな思い出を気にして、落ち込み、へこみ、さりとてなにか対策を取るかと思えばなにも取らない。 基本は「ダメ…

勝つのではなく、生き残る

ライバルは勝手に減っていく この世の中は、ダメなものは生き残らないようにできている。 会社だろうが男性だろうが、そうできている。 だから、ライバルのことはあまり考えなくていいかも知れない。 なぜなら、ダメだったら勝手に消えていくからである。 ダ…

怒ってもだいたいムダだ

ひとは「冷静さ」を失なうと、普段しないようなことをしてしまう。 なぜひとは冷静さを失うか? その原因は「感情の爆発」がほとんどだ。 とくに怒っているときが危ない 怒り狂い、冷静さを失い、感情が大爆発しているときにやったことは、たいてい大失敗す…

自分の「地図とコンパス」を見つけよう

いま自分がどれぐらいのレベルにいて、最終的にはどのレベルまで行きたいかを把握しておくことは、長期的な戦略には必ず必要だ。 いまの自分のレベルがわからず、最終的にどこに行きたいかも決まっていない状態で、君はなにをどうがんばるつもりだろうか。 …

To DoとToBeの違い〜「手帳なんて要らないじゃないですか」と、時給850円の彼女は言った

会社での一コマ。 いつもの日常会話のなかで、事務員と子どもの話になった。 僕「へぇ、お子さんは今年大学受験かぁ。進路は決まったの?」 彼女「やっと志望校を絞ったわよ」 僕「じゃあ忙しくなるね、手帳とか買ってあげないと」 彼女「は?手帳?」 僕「…

過労で自殺するほど残念なことはない

すごく残念で、とても悲しいニュースが入ってきた。 matome.naver.jp これについて思ったことがあるので、久しぶりだが書いておこう。 僕も休みがないけれど 僕は会社の経営者だ。 土日も出勤することが多いが、あくまでも自分のペースで仕事をしている。 出…

自己啓発本は買いすぎないほうがいい

不安なときや、自信がないときに本屋に寄ると、思わず自己啓発の本に手が伸びてしまう。 実際、僕もけっこうな数の自己啓発本を買ってきた。 だが、自己啓発本に書いてあることはだいたい似たり寄ったりだ。 自己啓発本に書いてあること 「やりたいことをさ…

数値目標より重要なこと

どんな会社にも「数値目標」というものがあるだろう。 年間売上とか、月間売上とか。 数値目標はたしかに大事なのだが、「数値」にだけやたらこだわるのは、本筋がちょっと違うと思う。 なぜ数値に「だけ」こだわってはいけないか ダイエットを例にしよう。 …

まわりと同じことをしていたら、同じ結果しか出ない

学校の勉強にせよ、会社での仕事にせよ、まわりと同じことをしていたら同じぐらいの結果しか出ないのは当然。 しかし、みんな同じことをしようとする。 結果、同じような成果しか出ず、どうしたらいいんだろうと悩む。 まわりと同じことをするのがダメという…