【僕息】僕の息子に残すメモ

仕事の効率化と、男としての生存戦略。

仕事の効率化

子どもにはパソコンを買ってあげよう

誰しもがスマートフォンを持つ時代になった。 で、みんな新型のスマホに殺到するが、僕は「そこはひねったほうがいい」と思っている。 スマホよりパソコンのほうが能率がいい 「スマホだけでなんでもできる」みたいなことをいうかたがいるが、僕は違うと思う…

ちょっとずつやることのコツは「一時停止」かも知れない

うまくいかないひとの特長は、とにもかくにも行動が遅くて、考えかたの切り替えがすぐにできないことではないだろうか。 いつまでもズルズルとイヤな思い出を気にして、落ち込み、へこみ、さりとてなにか対策を取るかと思えばなにも取らない。 基本は「ダメ…

「誰がやっても同じ仕事」は価値がなくなる

この先、かなりの仕事がAIの登場によって失われると言われている。 その通りだろうが、仕事がなくなるひとはもっと致命的な欠点を持っていると思う。 「誰がやっても同じ仕事」は価値がなくなる この先仕事がなくなるひとは以下の特長を持つ。 これといって…

なぜ残業をするのはダメなのか

あなたはどれぐらい残業をしているだろうか? 僕は経営者だが、それなりの残業時間がある。 といっても、してもせいぜい1日2時間が関の山だ。 それ以上残業をしてもパフォーマンスが下がるだけだし、いろいろとよろしくないことが起こる。 ちょっと説明し…

世のなかは不平等で当たり前なのに、努力もしないで「みんな平等」と言うひとが一番困る

世のなかは不平等だ。 それを嘆くひとが多いが、そもそもなんで世のなかが「平等」だと思ったのだろう? 世のなかはビックリするほど不平等にできている。 残念ながらそれで当たり前なのだ。 なのに、なんの努力もしないで「みんな平等」などと平気で言い張…

いま仕事ができないひとが、この先仕事ができるようになったりはしない

身も蓋もない話で恐縮だが、これは僕の体験と、見聞きしてきた経験則からきている。 まったく仕事ができないひとが、将来スイスイできるようになることはほとんどなかった。 できるひとは最初からできるが、できないひとは最後までできない。 職種がITだと、…

「がんばります」という言葉が嫌いだ

「がんばります」という言葉が嫌いだ。 「がんばって続ける」という言葉はもっと嫌いだ。 みんな、いつまでがんばるつもりなのだろうか。 ある程度の年齢になると、昔ほどがんばれなくなる 僕はいま40代だが、まわりをみていると、がんばれなくなったひとか…

パソコン教室はパソコンの「本質」をちゃんと教えたほうがいい。しないしできないだろうけど。

「Macの “エイリアスを作成” ってなんですか?」 この前、聞かれたひと言である。 まさかである。Macを使っているIT系の20代のひとでも、「エイリアスの作成」を知らないひとがいたりするのである。 そういえば、一般事務でもコピペはショートカットキーでは…

手書きとデジタルと手帳〜スケジュール手帳難民の僕がたどり着いた「ほぼ日手帳」

※この記事の続きはこちら→ほぼ日手帳2017が届いた - 【僕息】僕の息子に残すメモ みなさんは手帳をお使いだろうか?今日は、手帳の話だ。 僕の手帳歴 手帳歴、それは、そのひとの人生そのものでもある。 手帳には、そのひとの考えかたや哲学が垣間見える。 …